旧字体の「からだ」。
「骨」に「豊」と書くんですね。

もしかしたら、昔の人は
骨こそが豊かさのベースだと

気付いていたのかもしれません。
文字は線がつくり


線は骨の動きがつくりますから、
文字の豊かさのベースも

骨かもしれませんね。
今月の稽古テーマは「體」(からだ)。


骨を活かす
コツをつかむことは

骨の折れる作業かもしれませんが、
骨折り損にはならないでしょう。


体の動きと文字を
ボーンと変えながら

日常に豊かなリボーンを
もたらしていきましょう(^-^)

http://www.souhou.biz/profile1.html


書法家・武田双鳳

書法家・武田双鳳は、書を通じて、それぞれの人生を豊かにデザインする活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000