「箴言」~2016年10月の稽古テーマ

ついこの前、長男が幼稚園に入った~
と思いきや、もうすぐ三男が卒園…。

こんなに時が経つのが早いと、
死ぬまであっという間だなぁ、と切なくなります。


人生そんなものでしょうし、
考えても仕方がないことでしょうが、

せっかく生まれたんだから

何か遺したいなぁ、と欲が出ます。


ただ、たいした財産は遺せそうになく、
ガッカリしてしまいますが、


最近、そのガッカリがちょっぴり
スッキリするようになりました。


「お金はなくとも言葉は贈れる」

ありきたりですが、そんな言葉が
胸に大きく響いたからです。


どんな言葉を遺すかは、死ぬまで続く課題でしょうし、
結果的に何も遺せないかもしれません。

それでも、もし、運よく息子に「よい言葉」が遺せたら、
そう考えるだけで

自分が生まれ死ぬことへの悔いが

軽くなるように感じます。


あなたが誰かに遺したい言葉
『箴言』(しんげん)は何ですか?


筆に墨をつけて全身を動かし
心から言葉を掘り起こしていきましょう。


書法家・武田双鳳

書法家・武田双鳳は、書を通じて、それぞれの人生を豊かにデザインする活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000