「根本」~2017年の稽古目標

書く練習をするだけでは
書き方の上達には限界があります。

もちろん、書くことは必要ですが

骨の使い方、息の吐き方、目の配り方、
言葉の選び方、ものの見方など

いろんな角度から自分という存在を
捉えなおす作業を続けることが必要です。


そういうと、
書き方にそこまでの手間をかけらない、
と言われそうですが、

書く以外の方法を取り入れることは
むしろ、手間を減らしてくれるものです。


例えば、
ひたすらに時間をかけて書いてきたのに
なかなか字が変わらなかったという人が、

背中の使い方を変えただけで
一瞬で字がキレイに変わりました。


コマ回しの練習をしたら
普段の字がスムーズに書けるようになった人もいます。


その人の書き方は
その人にとっての枝葉の現象にすぎません。

その書き方は
その根っこにある何かの現れなのです。


今年の稽古目標は「根本」。
2017年も、書き方の以外の稽古で


人生の根っこをより善くするチャンスを

みんなに与え続けていきます。



書法家・武田双鳳

書法家・武田双鳳は、書を通じて、それぞれの人生を豊かにデザインする活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000