「運動」 ~ 4月の稽古テーマ

「肚で書け」

タコできるほど師匠に言われ、
「なんて非科学的な…」と思ったことも。


ただ、脳科学の本を読むと、
「運動ほど上達を早めるものはない」と。


「肚で書け」を「手先だけ書きするな」
「足腰をも使う全身運動とせよ」と解すれば、


師匠の言葉が「運動」を促すようで、
「科学的」なアドバイスに聞こえてきます。

道場の稽古で、ストレッチやヒモトレといった
カラダの動きを「運動」にするための時間を設けています。

それは「書かずに書くことが上達する時間」。
「肚で書く」(書の運動化)に導き、
書き方の上達を早める科学的な方法なのです。

書法家・武田双鳳

書法家・武田双鳳は、書を通じて、それぞれの人生を豊かにデザインする活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000