「鏨」 ~2018年6月の稽古テーマ

「書は刻むもの。刻んだ文字が心に刻まれた」という言葉が心に残った-。
そのようなメールを、体験入会された方から頂戴しました。。


スマホ等の普及で、いまや、文字は「ウツ」ものに変わっています。
文字を「書く」こと自体が減っていますから、
文字を「刻む」なんて、一般的には、ありえない感覚なのでしょう。


しかし、文字は、粘土板や青銅器などを
「欠く」(引っ掻く、彫る、刻む)ことから始まりました。


文字の前提となる「心」(言葉)も、
石や木を「欠く」ことでできる道具が育んだと言われています。


たとえ、紙が発明されても、歴史的には長らく、
文字を「書く」は石などに文字を「欠く」ための目印にすぎませんでした。

ところが、650年頃、完璧な楷書(九成宮醴泉銘など)が誕生すると、
「書く」は「欠く」を凌駕します。

ただ、そこでの「書く」には、「欠く」が吸収されています。
起筆・送筆・終筆の三折法は、彫り方(刻法)に由来すると言われますし、
「筆」は「彫刻刀」と同じく、「軸(柄)」と「穂(鋒)」を備えます。

スマホで「ウツ」文字は、
人間を動物と分け、心(文化)を育んだ「かく」は含まれません。


果たして、「かく」を失った文字に、
人間らしい心は宿るのものなのでしょうか。

この文章は、PCで「ウツ」ことで作成してしまいました。
それでいいのだろうか、悩ましいところであります。


書法道場師範 武田双鳳

書法家・武田双鳳

書法家・武田双鳳は、書を通じて、それぞれの人生を豊かにデザインする活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000